昔々のベリカード発掘 (6) ラジオ・エル・ムンド (アルゼンチン)

アルゼンチンの国内向け放送局 ラジオ・エル・ムンド

前回に続いてアルゼンチンからもう1局。ラジオ・エル・ムンド Radio El Mundo です。こちらは国内向けの放送局で、ラジオ・スプレンディー Radio Splendid、ラジオ・ベルグラーノ Radio Belgrano と並ぶアルゼンチン最大手の放民間送局です。国土が大きな国ではメジャーな放送局が国内向け放送を短波でも放送しているケースは多々あり、この局もその一つです。

ベリカードはこちら。LR1 はコールサインです。エル・ムンド el mundo とは世界のこと。

裏面を見ると受信したのは1976年4月20日。私が中学1年になったばかりの時です。英語もおぼつかないのにスペイン語の放送を聴いて受信レポートを送ってベリカードをもらっていたんですね。ようやるわ(笑)

記載データは実はいい加減で、なんと 1,070kHz で聴いたことになってます。これ、中波です。さすがにアルゼンチンの中波放送を聴くのはほぼ不可能。じゃあどの周波数で聴いたかというと、記憶があいまいなのですが 9,710kHz だったのではないかと思います。

ベリカードだけでなくステッカーも送られてきました。こういうものが嬉しいんですよね。

キャッチフレーズは、「すべての人のためのプレミアムな放送局」かな?

正直言って「聴いた」という事実以外はほぼ覚えていませんが、聞こえた瞬間もベリカードが届いた瞬間もものすごく嬉しかったという印象だけはしっかり残っています。

ラジオ・エル・ムンドとタンゴ

このベリカードをもらった時点では知らなかったのですが、ラジオ・エル・ムンドはアルゼンチンタンゴの歴史においても非常に重要な放送局で、タンゴの黄金期には多くのタンゴ楽団がこの局に出演していました。例えばアニバル・トロイロは1940年に専属契約を結び、1946年のアストル・ピアソラ楽団のデビューもこの局でした。それらの歴史を後年になって知るにつれ、このベリカードとステッカーはより一層私の宝物となったのでした。しばらく行方不明になっていたこれらが先日の実家の整理の際に発見されたのは本当に嬉しかったです。

アルゼンチンの放送局

ベリカードはもらっていませんが、ラジオ・エル・ムンド以外にアルゼンチン国営放送の国内向け放送も聴くことができました。周波数 6,060kHz は日本短波放送 (現ラジオ NIKKEI) 6,055kHzのすぐとなりで、日本時間の夕方17時前後にかなり安定して聞こえていたのを覚えています。一時はほぼ毎日日課のように聴いていた記憶もあります。ではどうしてベリカードをもらわなかったのか…いつか受信報告を書こうと思いつつよく聞こえるので後回しにしていて書かずじまいだったのか、もしくは頑張って書いたけど無視されてカードを貰えなかったか、記憶が定かではありません。

ただ、海外向けの RAE の日本語放送を聴くのがあんなに難しかったのに国内向け放送がこんな安定感で聞こえることに、何だか釈然としないものを感じていたのは確かです。

現在は?

もちろんラジオ・エル・ムンドは健在です。公式サイトはこちら。

何故か私のスマホでは一瞬ページが表示されたあと真っ白なページに遷移してしまうのですが、オンラインストリーミングのページは無事開けたので、聴きたいときに聴くことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。