Spotify はラジオになりたい?新サービス Daily Picks を聴いて

先日 死ぬほど遅かった Spotify アプリがサクサクになった! にも書きましたが、最近の私は結構な Spotify 依存症です。で、今週水曜 (2021年10月6日) も仕事時間にいつものように Spotify アプリを立ち上げたら、見慣れない項目がありました。

Daily Picks??

早速調べてみると、まさにちょうどこの日に始まったサービスのようです。

Spotifyは10月6日、音楽とニュース系ポッドキャスト番組の最新エピソードと、リスナーの好みや聴取の傾向を反映したパーソナライズプレイリスト「Daily Picks」の提供を日本で提供開始しました。Spotifyアプリの「メイド・フォー・ユー」から視聴できます。

上記ページより

ほほう。

確かにこんな風に音楽との組み合わせで聴けるとなかなか良いですね。最近新聞もまともに読まずテレビのニュースも毎日は観ず、ネットニュースの自分が気になった情報だけを読むという状況では、世の中の動きをちゃんと把握できていない気がしていたのですが、BGM と一緒にある程度幅広い情報が得られるのはなかなか良いと思いました。ちなみに昨日 (2021年10月8日) 朝の私の Daily Picks はこんな感じ。

朝イチの音楽がレオポルド・フェデリコの “Eramos tan jóvenes” (私たちはあんなに若かった) というのもいきなり切なくて労働意欲を削がれますが(笑)、ニュースや最新の情報の合間に私好みの音楽が並ぶのはなかなか嬉しいものがあります。

そして感じたのが、これってラジオだよなあ、ということ。上述のページでも「通勤時の車の中などでラジオ的に聴けるプレイリスト」とも書かれています。大体オープニングの声が10月は坂上みき、11月はクリス・ペプラー、12月は小林克也ですから。

いろいろな音楽と最新の話題をながら聞きしつつ、時々琴線に触れるものに出会えば耳を傾ける…。もちろんまだまだ本物のラジオには敵いません。上述のように、確かに私の好みの音楽ではあっても TPO をわきまえてはおらず、まして Podcast で語られている内容と音楽に何の連携もありません。が、この先そういう要素が加わる可能性はありますし、そういう進歩とともに少しずつ今のラジオがいる場所に入り込んで行くかもしれません。

それを実現するためのテクノロジーに多少は縁のある世界を仕事の場としつつ、一方でラジオの世界にも関わりを持ち始めた私としては、いろいろ気になるサービスではあります。しばらく聴き続けてみたいと思います。

ちなみに10月8日の一曲目だった “Eramos tan jóvenes” はこんな曲。美しくて大好きだけど朝聴く曲では…。

ラジオについては よしむら、またラジオに出たってよ…吉村俊司のViaje de Tango 等もご参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です