母が好きだったタンゴ

実は今年 (2020年) 6月の末に母が亡くなりました。細かいことは書くと長くなるので止めておきますが、もういつ急変があるかわからない、という時期にようやく面会が叶うことになり、何か持って行けるものはないか、と思案して思いついたのが、母が持っていたレコードの楽曲をCD-Rに焼いて行くということでした。実は私がタンゴを聴くようになったのは、子供のころ母が持っていたレコードを引っ張り出して聴いているうちに気に入ってしまったという経緯だったので、何が家にあったのかは概ね頭に入っています (特別なコレクターではなかったので、そもそも数が少なかったのですが)。音源はPCに取り込んであったものと、一部Amazonのダウンロード販売のお世話にもなって、一通り揃いました。

果たして面会に行ってみると、意識こそはっきりしていたものの既に色々なことがわからなくなっているようでした。持参したCD-Rをかけたら急に表情が明るくなり…等というドラマチックな展開も起きず、正直肩透かし。まあ現実なんてそんなものでしょう。それでも、その後亡くなるまで数日、妹が持参した他のCD (やはり好きだったカーペンターズなど) ととっかえひっかえ病室で流していたので、最期の日々を好きな音楽と共に過ごしてもらうことはできたかな、と思っています。

Spotify でも同じ曲目のプレイリストを作成することができたので、ここにご紹介しておきます。最初の2曲は母自身はレコードを持っていなかったけど後年好きになった曲、以後は若いころに買い揃えたレコードの楽曲で、3~7はSP盤から、8以降はドーナツ盤、オムニバスのLPからの抜粋。プグリエーセが並びます (細かいことを言うと、9は母が持っていたレコードとはバージョン違いなのですが)。

元気だったころに「私の葬儀は特別なことは何もいらない。プグリエーセのレクエルドを流してくれればいい。」と言っていたので、同じCD-Rを葬儀にも流してもらいました。

母が好きだったタンゴ” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です