昔々のベリカード発掘 (11) ラジオ・カナダ・インターナショナル

B の国はもう終わりで C に突入。今回は40年弱の時を経て衝撃の事実が発覚しました。

3枚のラジオ・カナダ・インターナショナル (RCI) のベリカード

まずはご紹介。1976年にはモントリオールで冬季オリンピックが開かれました。それを記念してのカードです。

カナダの人工衛星ですね。

1978年は “International Broadcasters’ Year” だったようで、その記念のカードです。

こんな風に3種類のカードが手元にあるのですが、残念ながらどれも裏には一切データが書かれていません。

番組プログラムも送ってくれていたのですが…

とにかく裏が空白のベリカードが残念でした。でも当時のことは記憶が曖昧で、単に先方が経理節減か何かでデータ入力を省略していたのだろうと思っていました。

今さらわかった空白ベリカードの事情

今回、当時送られてきたものを整理していてこんなレターを発見しました。

今回改めて読んでみて当時の事情が判明。予算削減により、データをプリントしたベリカードの発行は停止することになった、と書いてあります。

その上で、ベリカードに関する新たなポリシーが書かれています。重要な箇所を拡大してみます。

「ベリカードの発行は1976年春まで停止し、そのタイミングでリスナーにはプログラムとともに裏面空白のベリカードが送られる。受信証明が欲しいリスナーは、受信した番組内容を含むデータを自分で記入して封書で RCI に送ると、局側で内容を確認の上返送してもらえる、以後毎年同様のことが行われる。」とのこと。

なるほど!それで手元に裏面空白のベリカードばかりあったのか!

多分当時は全然わかっていなかったですね。一通でも送っていればちゃんと受信を証明するカードが残っていたはずなのに…。40年弱の時を経て明らかになった真実でした。

現在は?

Wikipedia によれば RCI は2012年に短波放送を廃止し、現在はポッドキャストで番組を配信しているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。