エイプリルフールネタで使ったロゴの作成ツール

2022年のエイプリルフール

先日のエイプリルフールネタ 新会社設立並びに新サービス CUITAN ご提供のお知らせ (2022年4月1日) は思いの外多くの方に楽しんでいただけたようで嬉しい限りです。以前は Facebook に投稿したエイプリルフールネタが全然ネタと思われなかったこともありました。

ランはともかく朝からスタ丼は私の食事としては意外性がないと思われてしまったという悲しい過去…。それを思うと私も少しは成長した気がします。

さて、今年のネタでは、サービスのロゴを新規に作成して掲載しました。

デザインセンスのない私にしてはそれっぽいロゴだと思いませんか?これ、実は自動でロゴが作れるサービスを利用して作ったものなのです。使ったのはこちら。

このサービス、何と言っても簡単なのが良いです。いくつか質問に答えていくだけで自動生成されたロゴが提示されて、その中のひとつを選んで自分でカスタマイズも可能。低解像度のサンプルファイルのダウンロードもできます。そこまでは無料。最終的に気に入ったらお金を払えば高解像度のファイルがダウンロードできて、商用サイトで使うことも可能になります。

正直なところ、ものすごく高品質なデザインという訳ではないかもしれません、でもデザインの心得がない人にとっては、ちょっとしたロゴっぽいものが欲しい時には重宝しそうです。

Wix ロゴメーカーの使い方

以下スマートフォンでの操作手順です。

まずは Wix ロゴメーカーのサイトにアクセスして「今すぐはじめる」をタップ。

Wix のアカウントを持っている人はログイン、持っていない人はアカウント作成。

ロゴ作成の開始のボタン。実はプロに頼むこともできるようです。今回は「自分でロゴを作成」の項の「ロゴを作成」をタップ。

以降いくつか質問に答えていきます。まずは作成する対象の名前。今回は当サイト Yoshimura-s で作ってみます。

業種や業界…「音楽と食とテクノロジー」とでもしておきましょうか。

イメージを選びます。遊び、自由、モダン、かなあ。

以後 A/B テスト的に二択の候補がいくつか提示されます (5つ位だったかな)。好きな方を次々選んでいくと…

自動生成されたロゴ候補がたくさん提示されます。上位に表示されているのは業種、業界の最初に挙げた音楽に引っ張られているものが多いですね。この中から好きなものを選んで、必要に応じて編集します。

好みのものを選ぶと編集画面が開き、必要ならいろいろ変えることができます。一度はこれと決めたものの再考したいのでスクショは控えます。

次に進むと、作ったロゴを生かしてそのまま Wix で web サイトを作る方向への誘導ページへ (これもスクショは控えます)。私は Wix を使う予定はないので「ロゴのみ作成」をタップ。

次の画面で「ロゴのサンプルをダウンロード」をタップすると低解像度のサンプルファイルをダウンロードすることができます。ここまでが無料。サンプルを実際に使いたい箇所にはめ込んで確認することもできます。気に入らなかったら作り直せばOK。

最終日に OK となったら、ちゃんとしたファイルが欲しい場合や商用サイトで使いたい場合は要求に合った料金プランを選びます。

ちなみに当サイト、先日より広告を入れておりアフィリエイトも設定していますので、商用の扱いだと認識しています (現実には全く収入につながってないですけど)。従って先日のエイプリルフールネタ用のロゴはベーシックロゴを選びました。今回の Yoshimura-s のロゴも、最終決定後はベーシックロゴのプランにするつもりです。

やることは以上。書き出すと長く見えますが、実際のところ5~10分程度でできてしまいます。

という訳で

ちゃんとしたロゴを作るならやはり専門のデザイナーにお願いした方が良いです。とはいえ、それほど重要ではないけどロゴがないと寂しい、というような状況ではそんなにお金もかけられませんので、こういうサービスを使うのもありかと思います。少なくとも私の場合、ケチって自分で作るよりははるかにマシなのは間違いありません。ケースバイケースでうまく活用していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。