仁詩ニューイヤー・タンゴライブ(2012年1月19日 19:30~ 東京中目黒・楽屋)

昨年(2011年)是枝みきのCDリリース記念ライブの際にいろいろ話す機会のあったバンドネオン奏者の仁詩が、東京中目黒の楽屋でニューイヤー・ライブ!


ピアノ金益研二、コントラバス吉田水子という仁詩トリオに、ゲストとしてバイオリンの古橋ユキを迎えての四重奏。2010年の東京タンゴ祭で初めて彼の演奏を聴いたときはかなり現代的で自由なアプローチだと思ったのだが、この日の演奏はきっちりと古いスタイルもおさえたスタイルで、なおかつその内容が濃い。


コンテンポラリー・フォルクローレのカルロス・アギーレの作品(曲名失念)は、タンゴとはまた違った表現になるが、初めて聴いた時の自由な発想とは通じるものがあると感じた。「エンスエニョス」はオラシオ・サルガンの編曲によるキンテート・レアルのスタイルをなぞったもの。2012年も最初から良いライブを聴けて幸運である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です