ノチェーロ・ソイ主催レコードコンサート

タンゴクラブ「ノチェーロ・ソイ」が主催するレコードコンサートが2012年1月8日(日)13:30~ 四谷の「シンルンボ」で行われ、私はコメンテーターとして参加した。テーマは「1970年代のタンゴを聴く」で、選んだ曲目は以下の通り。

  1. Yo te bendigo – Atilio Stampone 1975年録音、JAQUE MATE (MICROFON, SEL-595)に収録
  2. Sensiblero – Sexteto Tango 1972年発表、RECITAL DEL SEXTETO TANGO (RCA, CAS3337)に収録
  3. Taconeando – Sexteto Mayor 1975年発表、A LA ORDEN (EMI|, 6812)に収録
  4. Adiós Nonino – Leopoldo Federico 1977年録音、MIN-ON 7a SERIE (MUSIC HALL, 13151)に収録
  5. Ojos negros – Nestor Marconi 1976年発表、CUARTETO – QUINTETO – SEPIMINO (TONODISC, TON-1095)に収録
  6. Volver a Buenos Aires – Raúl Lavié 1978年発表、PORQUE AMO A BUENOS AIRES (PHILIPS, 6347348)に収録
  7. Malena – Osvaldo Berlingieri 1974年録音、IDENTIFICACION… ([CD] Music Hall USA, 10015-2 / 原盤 MUSIC HALL, 14107)に収録
  8. Berretin – Enrique Francini 1970年ごろ録音、ロコへのバラード~われらのタンゴ (RCA/RVC, RPL-2027 / 原盤 RCA, AVS-4659)に収録

幸い皆さんに喜んでいただけたようで、まずは一安心。
当日は、私のコーナーの前に藤木立夫さんによる「プロローグ 3曲選~魅せられ、そして癒されて~」、私のコーナーの後に庄子清右エ門さんによる「来日楽団とその歌手たちの映像記録から」、ロベルト杉浦さんによる「今、改めて思い起こして、私のタンゴ、、、」があった。それぞれ非常に興味深い内容で、中でもロベルト杉浦さんはCD選に加えて自らアンコールも含めて6曲を歌い、喝采を浴びた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です