【2011年振り返り】是枝みき / あたしの心はいつだってはらぺこ


あたしの心はいつだってはらぺこ(是枝みき)

古くからの友人「これり」こと是枝みきがタンゴのCDをリリース。これがなんとも良かったのだな。
彼女の歌声は素直で伸びやかなソプラノ。近年のタンゴ歌手にはあまりいない声の質だが、「白い小鳩」「エル・ポルテニート」など、昔の下町っぽい歯切れのよさもよく出ていると感じた。「空のひとかけら」「ベレティン」なども優しくてチャーミング。
一方、ピアソラ=フェレールの「ロコへのバラード」「最後のグレラ」「白い自転車」は、声域が地声になるため、正直言って歌の部分はまだまだ改善の余地がある。ただ、これらの曲の冒頭に挿入される日本語の語りには参った。見事に歌の世界に連れて行かれてしまう。「最後のグレラ」なんて鳥肌が立つぞ。
伴奏はピアノの佐藤美由紀。CDは、上記のAmazonでは2012年1月18日発売となっているが、メール注文による販売は2011年11月に始まっている。CD情報、ライブの予定などはブログ「はらへレコード」を参照のこと。
さらに、レコ発ライブ (2011年11月18日 1四谷メビウスにて) も敢行。


佐藤に加えてギターのスズキイチロウ、さらにゲストでバンドネオンの仁詩も参加。ライブでは古い曲にもすべてオリジナルの語りが入り、絶妙の語り口に笑ったりほろりと来たり。もちろん歌の良さも上記の通り。

【2011年振り返り】是枝みき / あたしの心はいつだってはらぺこ” に対して2件のコメントがあります。

  1. pablolagotan.go@gmail.com より:

    それはこのCDのプレビューを聴くことは可能ですか?

  2. よしむら より:

    はじめまして。残念ながらCDの試聴はできませんが、録音風景を編集したプロモーションビデオがあります。http://youtu.be/WbOPu4CYWaI雰囲気はわかると思いますが、語りが入っていないのはちょっと残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です