【2011年振り返り】ドス・オリエンタレス&レイ・タンボール (2011年9月1日 東京・青山Cay)

2011年9月1日は、ウルグアイのウーゴ・ファトルーソ (pf, perc) とヤヒロトモヒロ (perc) によるデュオ《ドス・オリエンタレス》が、ウルグアイのカンドンベ軍団《レイ・タンボール》をフィーチャーしてのライブ。


第一部はドス・オリエンタレスのみ、第二部からレイ・タンボールも参加、という構成。


カンドンベはウルグアイの音楽様式の一つで、3種の太鼓が作り出すリズムが基本となっている。詳しくはWikipediaを参照いただきたい。というか、下の映像でその魅力はよく分かるかと。たぶん第二部オープニングはこの曲だったんじゃないかと思う。本人たちは映像には出て来ないけど血が騒ぐぞ!

ウーゴの息子、フランシスコ・ファトルーソ作の「10 more miles」をドス・オリエンタレスの演奏で。

ヤヒロさんはいないけどウーゴとレイ・タンボールの映像。くーっ!

というわけで、こういう音楽について私はうまく語れないのだが、YouTubeの映像でもこんなに熱くなる音楽を生で観て、熱くならないはずがない!すさまじく素晴らしいライブだった。
ちなみにこちらはドス・オリエンタレスの2011年のアルバム。

オリエンタ(ドス・オリエンタレス/DOS ORIENTALES)

良いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です