【2011年振り返り】 タンゴ・ミュージカル「ロコへのバラード」 (2011年11月26日、東京グローブ座)


観に行ったのは2011年11月26日、東京グローブ座。ダンスをひけらかすわけでもなければタンゴを官能や情熱を単に煽る道具として使うわけでもなく、ストーリーと音楽が一体となり、タンゴを使うことの必然性がしっかりと感じられる内容のミュージカルだった。
ちなみに、演奏はバイオリンの近藤久美子率いるキンテート・オセイロ。これまた非常に素晴らしい演奏で、特にコントラバスの松永孝義の存在感たるや、凄まじい。
なお、出演していたCHIZUKOは2010年タンゴダンス世界選手権ステージ部門優勝者。その際の映像を貼りつけておこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です