パブロ・シーグレルがやってくる!

アストル・ピアソラ五重奏団のピアニストだったパブロ・シーグレルがやってくる!しかも自ら選出した日本人タンゴ・ミュージシャンとの共演だ!
Pablo Ziegler meets Tokyo Jazz Tango Ensemble

  • 2011年6月22日(水) 18:00開場 18:30開演 浜離宮・朝日ホール
  • 北村聡 鬼怒無月 西嶋徹 GUEST:会田桃子

ピアソラ亡き後、自らのタンゴの形を追及するシーグレルと、最高のメンバーが集まった東京側のミュージシャンの共演は、必ずや何か新しい化学反応を引き起こすに違いない。今から本当に楽しみなコンサートである。
今回の来日に際し、タンゴ関係の音楽ライター4人が集まり座談会を行った。末席に私も加えていただいたその模様はこちらで読める。
シーグレル・ジャパン・プロジェクトに寄せて 座談会●斎藤充正×吉村俊司×鈴木一哉×山本幸洋
さらに、今回の参加ミュージシャンの一人、ギタリストの鬼怒無月さんにインタビューを行った。こちらは月刊ラティーナ6月号に掲載。ぜひご一読を。
ちなみに、上記のインタビューで、シーグレルの作品にジョン・マクラフリン&マハヴィシュヌ・オーケストラの「マヤのダンス」のコード進行に影響された曲がある、という話があるが、どうやらこちらの曲である模様。

もとのマハヴィシュヌ・オーケストラの「マヤのダンス」はこちら。

うん、確かに…
[Posted on 2011-05-22]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です