ミシェル・ンデゲオチェロ@ビルボードライブ東京 2009年5月15日2ndステージ

まさか今年もミシェル・ンデゲオチェロを聴けるとは!
というわけで、先ほど帰宅したところ。昨年5月に聴きに行ったときは知っている曲は1曲もなしで、それでもその音楽のパワーに圧倒されたのだが、その後目下の最新アルバム『夢の男』を入手。何度聴いたかわからない、というぐらいに聴き倒した日々を経過した上での、今年のライブである。
で、やはりすごかった。冒頭2曲の変拍子のインスト曲から、重くかつスピード感あふれる演奏。以後はいずれもミシェルのヴォーカルで、『夢の男』からの”Headline”、”Michelle Johnson”、”Article 3″などと、それ以外の曲(曲名わからず)とが演奏された。基本的には昨年と同様のロック色の強いアプローチながら、より混沌としたパワーがみなぎる展開が多かったように感じる。極めてストイックなステージングながら、女性的な高い声と太い地声を使い分けるヴォーカル、強烈に太い音のベースとも、とにかく圧倒的な存在感。アンコールの”The Sloganeer: Paradise”まで、あっという間であった。

  • MeShell Ndegeocello
  • ビルボードライブ東京
  • 2009年5月15日 21:30〜 (2nd ステージ)


夢の男(ミシェル・ンデゲオチェロ)

アンコールで演奏された”The Sloganeer: Paradise”のビデオ。

マイスペースの彼女のページはこちら:Meshell Ndegeocello
[Posted on 2009-05-16]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です