当面の課題

7/8には区のPTA学校対抗戦があった。団体戦で、昨年、一昨年と現役の部(子供がまだ学校に通っている親たちだけで作ったチームの部)で3位だったのだが、今年は残念ながら予選リーグで2位になってしまい、2位トーナメントでも初戦敗退して順位はつかなかった。残念・・・。
普段の練習については、今年は昨日の練習を最後にしばらく体育館が使えず、長いお休みに入ってしまう。せめて休み前には気持ちよく練習を終えたかったのだが、どうも今一歩のまま終了。
備忘録として、以下昨日感じた課題点を挙げておく。

  • ボールを打つとき、どこに打つかの狙いがあいまい。特に、高さ方向について目標を定めることは重要。ネット上何センチぐらいを通すつもりなのか、など。不調のときはそこからのずれを意識して修正すべし。
  • 対ブロックでバックハンドを振る練習をする際、こすって回転をかける方向にスイングが偏りすぎ。これでは打点の調節が難しい。前後方向のラケットの動きを使うべき。
  • 打点が一定しない。
  • バックで構えていてミドルに来たボールをフォアに切り替えて打つ際に、ひじが上がっている。ひじは上げてはいけない。
    • バックハンドで処理するためにはひじを逃がすようにしているため、その動きが最終的にフォアに切り替える際にひじが上がる原因となっている模様。ひじを引き付けながらフォアに切り替えるような動きが良い?
  • フットワークは、足を交差させない。一歩動+α。

[posted on 2007-07-16]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

右翼と左翼

次の記事

はてなブックマーク