若き民衆

斎藤充正さんのtangodelogの「忘備録のような」によれば、来年(2008年)小松亮太氏がピアソラの幻のオラトリオ『若き民衆』を日本初演!とのこと。

地方のFM局で5月にオンエアー(終わってる!)の音楽番組roots vol.37「アストル・ピアソラ 〜自由へのタンゴ〜」の収録。ナビゲーターは小松亮太くん、私はピアソラ史をちょこっと解説。
驚いたのは、亮太くんが《若き民衆 El pueblo joven》からの抜粋を選曲していたこと。この作品は71年にドイツのTV局でオンエアーされただけの幻のオラトリオで、公式レコーディングは存在しません。
(中略)
亮太くんが掛けたのは数年前のニューヨーク公演の音源とのことで、何で彼がそんなものを持っているかというと、来年遂に日本初演を行うことになり(!)、その資料として貰ったものなのだそうです。

以前、アコーディオンのcoba氏がピアソラの軌跡をたどった番組(「世界・わが心の旅」〜「アルゼンチン・自由なるタンゴへの道」 NHK-BS2 2000年2月19日)でこのオラトリオのさわりだけ放送されたことがあり、かなり強烈な印象を受けた記憶がある。まさか日本で公演が観られるとは!これは来年が待ち遠しい!!
公演情報はこちら
[posted on 2007-06-10]

若き民衆” に対して2件のコメントがあります。

  1. よしむら より:

    1件削除しました。

  2. よしむら より:

    7件削除しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ベスト・タンゴ100