快適日常音楽 5 ブエノスアイレス

先日、タンゴ入門者向けとしてCD 5枚組+1の『ベスト・タンゴ100』を紹介したが、今日紹介するのはもっと気楽にタンゴを楽しむのに最適なCD。

快適日常音楽5 ブエノスアイレス(フロレンシア・ガリソブスキー/フェルナンド・タボルダ/アリエル・アスカレート/アレハンドロ・ブレナー/カルロス・モスカルディーニ/ファビアン・ベルテロ/セルジオ・リバス/ヒーリング/レティシア・デ・ルカ)

収録されているのはタンゴのスタンダードばかり16曲。これをフェルナンド・タボルダ(バンドネオン)、ファビアン・ベルテーロ(ヴァイオリン)他の若手ミュージシャンが、二重奏から四重奏の小さな編成でシンプルに演奏している。フルートやギターが入ったちょっと古風なスタイルも、バンドネオン、ピアノ、ヴァイオリン、コントラバスのオーソドックスな四重奏も、比較的あっさりとしていて聴きやすい。
タンゴは聴いてみたいけどあまり古臭いのやアクの強いのはちょっと…という方には、ぜひおすすめしたい。
なお、このCDは無印良品の『BGM10』に、未収録の楽曲を加えた再編集盤とのこと(私自身は『BGM10』は未聴のため、詳細はよくわからないが)。
[posted on 2007/6/27]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

若き民衆

次の記事

「世界征服」は可能か?