ドラッカーの歌?! ~ピジネスミュージカル「KACHIBUS」(2014年1月9日 下北沢・本多劇場)

高校同級生の吉田理宏が原作を書いたミュージカル「KACHIBUS」 、下北沢の本多劇場で観てきました。いや、楽しかったな~!
舞台は北海道・十勝にある、つぶれる寸前の地方バス会社。東京で大手企業に勤めていた社長の息子が経営を引き継ぎ、右も左もわからないままもがき続け、やがてあることをきっかけに再生へ…という物語です。新聞等にも取り上げられた実話なので、聞いたことがある方も多いかもしれません。
お話にはもちろん怒りも苦悩も挫折も涙もあり、なんですが、それ以上に笑いがたくさん。「なまら」「わや」「しばれる」「ゆるくない」など道産子には懐かしい北海道弁もまたたくさん。これで楽しくない訳がない!
台詞や演技の延長線上に歌がある自然なミュージカルなのも良かったです。ビジネスや人間関係に悩む人へのメッセージや、果てはドラッカーのマネジメント理論まで、歌だからこそすんなりと伝わった気もします。
出演者もみんな魅力的。主演の森崎博之さんの笑顔がとにかくいいんだな。川村ゆきえさんは超絶かわいいし、小野寺昭さんは渋いし、そして阿知波悟美さんの歌がすごい!
東京公演は2月13日(2014年)までですが、どうやら全て売り切れの模様なので、ぜひ観に行って、とお勧めできないのが残念なところ。しかし!その後2月12日に札幌、2月14日~15日に帯広で公演があります。北海道の皆さんはもちろん、北海道に行っちゃおうと思ってる皆さんも、お見逃しなく!
ちなみに原作は、2013年振り返り 本、映画編でも紹介したこちら。

黄色いバスの奇跡 十勝バスの再生物語(吉田 理宏)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です