ミルバ&アストル・ピアソラ ライヴ・イン・トーキョー 1988

ミルバとピアソラ 1988年来日公演のプログラムと復刻CD
ミルバとピアソラ 1988年来日公演のプログラムと復刻CD posted by (C)よしむら
ミルバとアストル・ピアソラ五重奏団が日本にやってきたのは1988年のこと。当時社会人二年目の私は早速チケットを買ったものの、大阪での1ヶ月の研修にぶつかってしまった。幸い購入した公演日と研修の休みが重なったので、新幹線で上京して無事コンサートに行くことが出来た。6月29日の東京厚生年金会館での公演だった。ただただ夢中で聴いたと記憶している。
今回、私が聴いた日の3日前、6月26日の中野サンプラザ公演のライブアルバムが、21年ぶりにリリースされる。この日はNHKのテレビ収録が入っていたのだが、公演の全貌を記録した音源が最近見つかり、めでたくCD化の運びとなったのだ。発売は2009年12月16日。プロデュースの斎藤充正氏、レコード会社バウンディの担当者・淡中氏の執念が実を結んだ形である。
私は月刊ラティーナのディスコ・ガイド(CD紹介)執筆のため、一足先にサンプルを聴かせていただいたのだが、歌唱、演奏、録音ともこれは本当に素晴らしい。
実は、この公演からわずか2ヶ月足らずの間に、ピアソラ五重奏団は解散してしまう。ピアソラが心臓手術を受けることになったためである。ここに記録されているのは、ミルバとピアソラの共演としても、ピアソラ五重奏団としても、到達した最後の高みなのだ。
(機会があればラティーナのディスコガイドの方も読んでみてください。)

ライヴ・イン・東京1988(ミルバ&アストル・ピアソラ)

ちなみにミルバとピアソラの共演といえば、これまでこれが唯一だった。

エル・タンゴ~ウィズ・ピアソラ(アストル・ピアソラ/ミルバ)

[Posted on 2009-12-15]

ミルバ&アストル・ピアソラ ライヴ・イン・トーキョー 1988” に対して2件のコメントがあります。

  1. さいとう より:

    ご紹介ありがとうございました。しかしほんとに、我ながら、よくぞ音源が見つかったものだと思います。まさに執念の賜物でしょうかね。ラティーナのガイドも楽しみにしています。鈴木一哉さんの記事もですけど。いよいよ明日には店頭に並びます。売れてほしいなぁ。

  2. よしむら より:

    早速のコメントありがとうございます。特集記事は鈴木一哉さんが書かれたのですか。これも楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です