プーリアのワイン

先日たまたま近所の酒のディスカウントショップで買った赤ワイン。
DSC01595
DSC01595 posted by (C)よしむら
イタリアのVitaeという銘柄のSangiovese種のワインということなのだが、よーく見ると”PUGLIA”の文字が見える。イタリア南部プーリア州のワインである。
さて、ミラノの人はミラネーゼ、ボローニャの人はボロネーゼ、白金の奥様はシロガネーゼ(あ、すみません)。じゃあプーリアの人は?やっぱりプーリエーゼだよね。イタリア語のつづりはPugliese…あ!プグリエーセ!!
そう、あのタンゴの大マエストロ、オスバルド・プグリエーセの姓はイタリアのプーリア州から来ているのだ。マエストロ本人はブエノスアイレスのビジャ・クレスポ生まれで、どこまでさかのぼるとイタリアの祖先に到達するのか私は知らない。が、とにかくずっと昔につながっているはずの、彼のルーツの地がプーリアということだろう(Puglieseはむしろトスカーナに多い姓らしいが→参考)。ついでに、アストル・ピアソラのおじいさんのパンタレオンはプーリア州トラニの出身で、アルゼンチンに移民してきた人。
というわけで、タンゴ界最重要人物二人のゆかりの地がこのプーリアだったのだ。何も考えずに買ったワインにこんなつながりが見つかるなんて、ちょっとびっくり。
あ、もちろんワインはしっかりした味でおいしかった。
[Posted on 2009-02-24]

プーリアのワイン” に対して3件のコメントがあります。

  1. 泉野正人 より:

    相変わらず、いい文章ですね、きちんとどこかで、よしむらさんの文章を核にした企画提案させて頂きますから、そのためには、泉野、もっと営業力つけなあきませんなっ(笑)…泉野、頑張りますっ

  2. よしむら より:

    いやー、光栄です。ありがとうございます。実際のところはまだ全然そんなレベルじゃないので、いただいた評価に実力が追いつくよう頑張ります。

  3. 泉野正人 より:

    よしむらさ〜ん! 4/11 14:00より 黒田亜樹さんと榊原大くんのピアノ2台による演奏会があるようです。ご興味があるようでしたら、management@to-on.com にアクセスしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です