Rock Goes To College Live 1979 / Bruford

昨年紹介しきれなかった本や CD をちょっとずつ紹介したい、と思っている今日このごろだが、その前につい最近入手した DVD の紹介を (感動が新鮮なうちに)。
ロック界最高のドラマーの一人、ビル・ブラッフォードのバンド “Bruford” のライブ DVD。1979年にオックスフォード工科大学で収録され、BBC でオンエアされた映像で、メンバーはビル・ブラッフォード (ds)、デイヴ・スチュワート (key)、アラン・ホールズワース (g)、ジェフ・バーリン (b)、そしてゲストでアネット・ピーコック (vo)。とにかくすごいメンバーが揃っているのである。
個人的にはとにかくホールズワースが大好きなので、彼の流れるようなフレージングが存分に堪能できるのがまず嬉しい。もちろん、ブラッフォードの「カーン」と突き抜けるようなスネアとタイトなドラミングをはじめとして、他のメンバーも素晴らしい。そして何より、けだるく妖艶に、漂うように語り歌うアネット・ピーコックの存在感 (ポーズの決め方には時代を感じるが…)。
超絶変拍子の嵐の2曲目 “Beelzebub” をはじめとして、リズムもコード進行も一筋縄では行かない曲が多いのだが、その割にはメロディーラインが親しみやすいのも良い。ブリティッシュ・ジャズ・ロックの最良の到達点の一つがこのバンドだと思う。

  • ロック・ゴーズ・トゥ・カレッジ
  • ブラッフォード
  • Arcàngelo, ARDV-1035
  • 日本語解説つき輸入盤 DVD


ロック・ゴーズ・トゥ・カレッジ [DVD](ブラッフォード)

(今年から Amazon のアソシエイト・プログラムに参加)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です