Tierra Querida / 青木菜穂子

[2005-05-22] でライブレポートを書いた、タンゴ・ピアニスト青木菜穂子さんの CD。ライブ当日に会場にて購入したものをようやくご紹介。
アルゼンチンの超一流ミュージシャンをメンバーに従えての四重奏で器楽曲4曲、歌曲1曲、ピアノソロで4曲が収録されている。
ライブレポートにも書いたように、四重奏は奇をてらわずに中庸を行く現代タンゴ、といったスタイルで、それだけにごまかしが効かない面があるが、十分に聴き応えのある素晴らしい演奏となっている。ピアソラの比較的初期の作品「天使のタンゴ」が良い。
ピアノ・ソロでは、個人的に大好きなホアキン・モラの作品「ディビーナ(女神)」「椿姫」が取り上げられているのがうれしい。いずれも極めて個性的なメロディーラインを持つロマンチックな曲で、ソロにもぴったりなのだ。
歌手 SAYACA (クレジットではアルゼンチン向けの名前 Saiah となっている) による「悲しきミロンガ」は、比較的あっさりとした歌い口によってかえって悲しみが伝わってくる。彼女ならではの名唱。

【更新履歴】

  • 2007-11-25 一部リンクを追加

[Posted on 2005-05-28]

Tierra Querida / 青木菜穂子” に対して2件のコメントがあります。

  1. 泉野正人 より:

    26日、青山mandara行きますね。青木菜穂子さんは久々なので楽しみです!

  2. よしむら より:

    泉野正人さん、はじめまして(ですよね?)そう、明日11/26に南青山Mandalaで青木さんのライブがあるんですよね。私も多分行けると思います。楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です