米国サンノゼでの食事

米国出張中無事帰国で言及したサンノゼ滞在中の食事について。
初日の晩に行った鮨屋「鮨膳」についてはYelpでのレビューをご参照いただきたい。
二日目の晩は、Japan Townにある定食屋Gombeiへ。ここではごはん、味噌汁の付いたごく普通の日本風の定食が食べられる。私が食べたのは「チキン照り焼き&コロッケ定食」で、アメリカに居るのを忘れてしまうほど普通においしい定食だった。こちらも詳細はYelpのレビューへ。
三日目の昼はようやく和食を離れて中華。現地勤務の人の案内でMa’s Restaurant 清真馬家館という店に行った。案内してくれた人によれば刀削麺が有名とのことで、お勧めに従い刀削麺の焼麺を食べた。太目のコシのある麺が沢山の具とともに山盛りで出てきて、かなりのボリュームだったが、おいしく平らげた。またまた詳細はYelpのレビュー参照。
三日目の晩にしてついにアメリカンなレストラン。ただしシーフード。上記の中華と同じ人の案内でThe Fish Market Restaurantサンノゼ店に行った。再び案内してくれた人のお勧めに従い、まずは生牡蠣3種の盛り合わせ。現地風の食べ方は、レモンを絞った後みじん切りのしょうがを乗せて、ケチャップ(!)を添えるのだそうな。ちょっと信じられない、と思ったものの、なかなか美味。メインはウェイターお勧めの虹鱒のグリルで、脂の乗った身と上に乗せた野菜のソテーが良い組み合わせ。付け合せのジャガイモもホクホクでおいしい。
ちなみに魚介の煮込みスープ「チオッピーノ」(ほぼブイヤーベースと同じもの?)も有名らしい。詳細は店のホームページYelpのレビューへ。
以上、自分でも忘れないために。
[Posted on 2008-09-23]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

無事帰国