世界卓球閉幕

この数日間、テレビの前でなんと濃密な時間を過ごすことができたことか。
今大会、日本が男女とも銅メダルを獲得したことを、まずは祝福したい。
女子は何といっても平野の活躍が素晴らしかった。準決勝のシンガポール戦は、残念ながらチームとしての地力の差が見えてしまった感がありちょっと残念だったが、次につながる結果だったと思う。
男子は前回(一昨年)の14位から大躍進!これだけでもすごいことだが、準決勝の韓国戦も、負けはしたものの信じられないような素晴らしいプレーの連続で、最後まで文字通り手に汗握る(ホントにベトベトになってしまった…)試合だった。大会を通じて韓陽の強さを再認識し、吉田のパワーに圧倒され、水谷の才能に酔いしれた日々であった。
[Posted on 2008-03-03]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です